マイコプラズマ肺炎効果?高山忠洋、「ゴルフができる喜びを持って」上位進出
[]一覧 ≫

 マイコプラズマ肺炎効果?高山忠洋、「ゴルフができる喜びを持って」上位進出

・[PR]株の銘柄名には要注意

<関西オープン 2日目◇19日◇城陽カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー71)>



初日にイーブンパー14位タイスタートの高山忠洋が、4バーディ・1ボギーとスコアを3つ伸ばし、トータル3アンダー3位タイと上位進出を果たした。






前週の「日本ゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」で沖縄入りする前、微熱と喉の痛みが発生。現地入りし、5月8日(月)のプロアマ戦後、症状が悪化し、夜に一睡もできないほど咳き込んだ。2日間静養を取って、なんとか11日(木)の初日は出場できたものの、体の節々が痛くなり、プレー後、沖縄県内の病院に直行。しかし症状は改善されず、2日目に同大会を棄権。再び病院に行くと軽度のマイコプラズマ肺炎※だと診断された。



咳がひどく、帰りの飛行機に乗れたのは14日(日)。未だ体調も完全回復とはいかず、今大会も、



「プレーできるかどうか不安だったけど、今後のこともあるし、とりあえず出場してみよう、と。まだ、喉がぜぇぜぇしていて、昨日も今日も、コースが難しいセッティング仕様になっているのもよく分からないくらい必死でしたよ」

(次ページへ続く…)
関連リンク
女子ツアー、ブリヂストンレディス開幕!現地からLIVEフォト配信中!
ステップ・アップ・ツアーもリアルタイム配信!あなたの“推しプロ”を見つけよう!
手の腫れに、肉離れも…、高山忠洋が満身創痍でも出場を決めた理由
※上記クリックすると「ALBA.Net」に遷移します。


この記事へのコメント:facebook
※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連記事

注目コンテンツ

カテゴリ一覧