• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   「座って通勤」より多くの人が可能に 通勤ラッシュを変える新型の鉄道座席、英で開発(写真12枚)

[]一覧 ≫
news image

イギリスで新しいタイプの鉄道車両用シートが開発されています。通勤列車を想定してのものだそうですが、詰め込みつつも快適さを損なわないという、これまでにないアイデアが盛り込まれています。

■重なり合うように、でも快適?

 イギリスでは通勤列車の混雑が激化しているといいます。同国運輸省の調査によると、2015年度における鉄道の旅客人員数は1994年度の2倍以上に上っており、1920年代以降、最も高いレベルに達しているそうです。

 こうしたなか、飛行機のシートデザインなどを手掛けるロンドンのデザイン事務所プリーストマン・グード(PriestmanGoode.)が、車内環境を改善する目的で、2種類の鉄道車両用新型シートを2016年10月に発表しました。これにはイギリス鉄道安全基準委員会(RSSB)が出資しています。

 ひとつは、2人掛け座席が同一方向に並ぶ、いわゆるクロスシートタイプの「ホライゾン」です。シートの前後間隔は狭く、座面が高くなっており、なかば立ったような姿勢で腰かけます。前席座面の下にフットレストが設けられており、前に座っている人のお尻の下あたりまで足を延ばすことができます。となりの座席とは並列ではなく、前後に少しずれて配置されており、横に座った人の肩がぶつからないようになっています。

続きを読む
関連リンク
となりの駅まで徒歩1分以内 近すぎる2駅、なぜ存在?
理由は「高性能すぎる」 新型車両開発中止
原野から高級路線へ 東急田園都市線、大変化の背景
※上記クリックすると「乗り物ニュース」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング