• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   パ史上7人目、28年ぶり珍記録! 西武・菊池が先頭打者のみの1安打完封

[]一覧 ≫
news image

■初回、西川に右前打を許して以降はノーヒット

 パ・リーグでは1989年以来となる史上7人目の珍しい記録が生まれた。

 埼玉西武の菊池雄星投手が、4月21日の北海道日本ハム戦で1安打完封勝利。これだけでも誇れる結果だが、初回の先頭打者・西川選手のみに安打を許し、その後は四球や失策などで走者を出しながらも安打を許さない投球。“初回先頭打者の安打のみの1安打投球”は、パ・リーグでは実に28年ぶりの記録となる。

 開幕戦の白星以降、力投を見せるも勝ち星がつかず、3試合ぶりの勝利を目指して臨んだマウンド。初回の先頭打者・西川選手に安打を許し、犠打と内野ゴロで2死三塁。いきなりピンチの場面を迎えるが、4番・レアード選手を外角低めのカーブで打ち取って無失点に抑え、直後の打線の援護を呼び込む。

 2回、3回は150キロ前後の直球と、大きく変化する多彩な変化球で共に3者凡退に仕留める。4回はわずかに低めへ外れる四球で走者を背負うも、後続を封じて無失点。5回、6回の2イニングスでは4三振を奪い、尻上がりに調子を上げていった。

続きを読む
関連リンク
「思いは今も続いている」―西武・菊池雄星が抱くメジャーへの「夢」
「プロの世界は甘くない」 西武・森友哉はなぜ不振から復活したのか
西武が手に入れた“掘り出し物” ドラ4高卒外野手・鈴木将平の持つ魅力
※上記クリックすると「フルカウント」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング