• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

戦艦大和の謎が明らかに~潜水調査特別展

[]一覧 ≫
news image

年間約100万人の来館者がある大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)では、来週4月26日から11月27日まで、昨年5月に行った潜水調査の成果をもとにした企画展を開催します。潜水調査は1980年、1985年、1999年とこれまで3回実施されていますが、今回の展示の最大の特徴は、鹿児島県枕崎沖200キロメートル、海底350メートルに沈んでいる戦艦大和に対し、無人潜水探査機に搭載した高性能ハイビジョンで撮影を試みたことです。この結果、約50時間の映像と約7000枚の画像の撮影に成功し、艦首部や主砲塔等の鮮明な撮影にも成功したとのことです。

戦艦大和は、当時、アメリカや他国にその情報が漏れることを恐れ、極秘性が徹底されました。建造中はドックを壁や屋根で覆っただけでなく、近隣の家の窓まで塞いだそうですし、進水式の写真を見ると、国の大きな期待を背負った戦艦にしては、実に簡素で少人数で見送られています。また、敗戦時には、ほぼ全ての設計図を、アメリカの手に渡ることを恐れ焼却したため、実は細部の構造など、未解明の部分が多く残されています。今回の潜水調査により、また一歩、戦艦大和の全貌を明らかにすることが期待されます。

続きを読む
※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング