• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   “43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい

[]一覧 ≫
news image



■「何てドラマチックなんだ」「これ以上の脚本を書けますか」

 その間、実況と解説は一切、言葉を挟まなかった。異例の43秒間の沈黙とともにその情景を克明に映し出すことで、イチローの凱旋弾という最上級の“ドラマ”はさらなる感動を呼んだ。

 ゴードンが打席に立つと、ウォルツ氏は「何てドラマチックなんだ。ワオ」と吐き出し、ようやく沈黙を破った。

 ホランズワース氏も「(イチローは)驚いているんでしょうか? 私はそうは思いませんが。これ以上の脚本を書けますか?」と語り、「タイミングの問題だったのでしょう。スイングが戻ってきた実感を感じ始めているようです」と続けた。

 ウォルツ氏は最後に噛みしめるようにこう語った。

「セーフコ・フィールドでの最後の打席になる可能性があります。セーフコ・フィールドはイチローのキャリアで殿堂入りを確固たるものにした場所です。そこでイチローがホームランです」

 地元テレビ局の約43秒の沈黙という異例の計らいが、シアトルでのイチローの凱旋弾のドラマ性を一段と際立たせていた。

関連リンク
イチロー凱旋弾に対戦相手の元同僚も「身震い」 「本当にスペシャルな瞬間」
イチロー際立つ勝負強さ、凱旋弾に指揮官脱帽「あれができるのはイチだけ」
「すまない、イチロー」 35歳以上トップ10選出の米サイトが異例の“謝罪”!?
※上記クリックすると「フルカウント」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング