• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   “43秒の沈黙”が生んだ感動 イチロー凱旋弾に米実況&解説が粋な計らい

[]一覧 ≫
news image

■異例の沈黙と直後の嘆息、古巣本拠地でのソロ弾に米テレビ局が粋な計らい

 マーリンズのイチロー外野手が19日(日本時間20日)、かつて本拠地としてプレーしたセーフコ・フィールドで劇的なソロ弾を放った。古巣マリナーズ戦に「9番・ライト」でスタメン出場し、9回の最終打席で今季初本塁打をマーク。2015年のマーリンズ移籍後、初の凱旋試合となったベテランの一発に会場は興奮に包まれた。その一戦を中継した地元テレビ局はその感動を伝えるために、実況と解説が約43秒間沈黙するという粋な計らいを見せた。

 最大のドラマは9回に待っていた。6点を追う状況でイチローが先頭で打席に立つと、マイアミでテレビ中継をした「FOXスポーツ・フロリダ」の名物実況のリッチ・ウォルツ氏は現役時代ドジャースで新人王を獲得した解説者のトッド・ホランズワース元外野手に「イチローです。あなたが指摘した通り、これがシアトルでプレーする最後の打席になるかもしれません。マーリンズは2011年以来、ここでの試合がありませんでした」と語りかけた。

続きを読む
関連リンク
イチロー凱旋弾に対戦相手の元同僚も「身震い」 「本当にスペシャルな瞬間」
イチロー際立つ勝負強さ、凱旋弾に指揮官脱帽「あれができるのはイチだけ」
「すまない、イチロー」 35歳以上トップ10選出の米サイトが異例の“謝罪”!?
※上記クリックすると「フルカウント」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング