• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   意外と知らない腸内に存在する善玉菌と悪玉菌の違いの話

[]一覧 ≫
news image



腸内環境について語られる場では必ずといっていいほど登場する、善玉菌と悪玉菌という言葉。テレビコマーシャルでも、悪玉菌を減らし善玉菌を増やす乳酸菌飲料などが紹介されてはいますが、具体的に善玉菌と悪玉菌がどのようなものかをご存知でしょうか?善玉菌だけが良いもので、悪玉菌はいらないもの。こう思っている方は間違いです。このように思っていた方のために、善玉菌と悪玉菌の正体と違いについて紹介したいと思います。

善玉菌と悪玉菌の正体とは
まず善玉菌と悪玉菌が具体的にどのようなものであるかを見ていきましょう。善玉菌とは、腸内で良い働きをしてくれる菌類を指します。具体例としては、よく耳にする乳酸菌、ビフィズス菌等がこれに該当し、整腸作用や免疫力アップなどが期待できます。ちなみに善玉菌には腸内を酸性にしようとする働きもあるようです。次に悪玉菌ですが、悪玉菌は腸内で悪い影響を与える"こともある"菌類を指します。具体例としてはブドウ球菌、大腸菌などがこれに該当し、腸内の腐敗や有害物質生成といった働きがあるようです。ちなみに腸内を酸性にしようとする働きもあるようです。こう見ると、善玉菌とは対照的で、悪玉菌は悪いだけの菌じゃないかと思われがちですが、実際のところ完全に悪者というわけでもないのです。

続きを読む
※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

 ※この記事の関連ニュースはありません

ショッピング