• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   早実・清宮「進学よりプロ入り」すべき理由

[]一覧 ≫
news image

 センバツ高校野球大会2回戦、早稲田実業は、東海大福岡に8-11と惜敗。スカウトたちが熱視線を送る高校通算79本塁打の清宮幸太郎の春が終わった。「今大会の清宮は2試合で9打数3安打、打点0。本塁打もなかった。昨年からどれくらい成長したか、もう少し確認したかったですね」(スポーツ紙記者)


 だが、そんな数少ないプレーの中で、記者、スカウト陣が「度肝を抜かれた」シーンがあったという。「スイングスピードと打球の速さは、まさにプロ級の逸材。でも、それ以上に驚いたのは、明徳義塾戦でのセンターフライ。とてつもない滞空時間でね。なかなか球が落ちてこない。パワーアップしているなと感じました。高校時代に大騒ぎされた中田翔以上かもしれません」(前同)


 それだけの逸材ならば、一日も早くプロでの活躍を見たいものだが、清宮は早稲田大学進学が濃厚との噂も根強くある。「元早大ラグビー部監督の父・克幸氏の影響もあるんだろうね。しかし、早大進学はもったいないな。投手と野手の違いはあるが、甲子園のライバルだった田中将大と斎藤佑樹を見れば明白だよ。大学野球とプロ野球では、触れるもの、得られるものが違う。潜在能力を120%引き出すなら、即プロ入りだよ」と語るのは、在京球団のベテランスカウト。

続きを読む
関連リンク
「春のセンバツ甲子園」伝説の白球事件簿
清宮以外も! センバツの「スーパー球児」たち
早実・清宮、怪物スラッガー「さらなる覚醒」なるか?
※上記クリックすると「日刊大衆」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ニュースランキング

現在 昨日 週刊

ショッピング