• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   稀勢の里に続け! 次の横綱「大本命」の名前

[]一覧 ≫
news image

 稀勢の里の快進撃で大いに盛り上がった春場所。その一方で大横綱に限界説が! 後釜として早くも名前が挙がったのは?


 19年ぶりに誕生した日本人横綱・稀勢の里(30=田子ノ浦)と西関脇・高安(27=同)の活躍で、大いに沸いた大相撲春場所。同部屋に所属する2力士だけが初日から10連勝したのは、一場所15日制が定着した1949年7月場所以降、初の快挙だった。「地位が人を作るといいますが、今場所の稀勢の里は大関時代とは別人のように落ち着いた相撲を取っていた。まさに横綱相撲。平幕に取りこぼす悪い癖が影を潜めたのも、連勝できた理由でしょう」(スポーツ紙相撲担当記者)


 その好例が8日目の松鳳山戦だろう。出足鋭く当たった松鳳山にもろ差しを許し、一気に土俵際まで押し込まれた稀勢の里だが、重い腰で踏み止まると、左からの小手投げ。続けて振った右腕が、相手の左頬をカウンターパンチのように捉えると、松鳳山はなすすべなく崩れ落ちた。「これまでの稀勢の里なら慌てて左右に回り込むか、引くかして、そのまま土俵を割っていたかもしれません。苦労の末に綱取りが実現したことでプレッシャーから解放され、心にゆとりが生まれたんでしょうね」(相撲専門誌記者)

続きを読む
関連リンク
【武豊】「毎日でも競馬をしたい」が騎手の本音です
歴代横綱たちの「心に染み入る名言集」
稀勢の里「横綱土俵入り」雲竜型を披露!
※上記クリックすると「日刊大衆」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ニュースランキング

現在 昨日 週刊

ショッピング