• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   あなたは、トランプ大統領を支持しますか?vol.2  政治家、UFO番組ディレクター、モノマネ芸人、パーティクリエイター編

[]一覧 ≫
news image

Googleで「トランプ」とググっても、手品で使われるカードの“トランプ”ではなく、いつもワンサイズ大きいジャケットを着ている不思議な髪形の第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ氏の顔が並んでしまう2017年。ここ日本でも、夜のニュースだけでなく昼のワイドショーで連日取り上げられるなど、お茶の間の知名度だけは抜群の大統領だが、アメリカでの支持率は大暴落中だ。就任後わずか8日という史上最速記録で、不支持率が過半数超を記録した。

支持者からも不支持者からも、面白半分恐怖半分で遠くから眺めている世界中の人々からも、とにかく注目を集める“時の人”であり、日々話題を振りまくニュースメイカーである。就任後一か月の間に、レディ・ガガ、リアーナ、マドンナなど、多くのアーティストが不支持を鮮明にするライブパフォーマンスやSNS投稿を行い、スターバックスやアップルなどといったアメリカの大企業が移民排斥の大統領令にノーの声をあげた。普段は政治に興味がない日本のZ世代でも、トランプ大統領関連のニュースは、日常の中で目にせざるを得ないものとなっている。

でも、実際のところ……。日本のみんなはトランプ大統領のことを、どう思っているのだろうか? どう受け止めているのだろうか。

今回は、政治家、UFO番組ディレクター、“安倍総理公認”のモノマネ芸人、パーティクリエイターと、ジャンルの異なる人々に「トランプ大統領のこと」について聞いてみた。四者四様。皆様々な意見がありつつも、取材で感じたのは、「トランプ大統領は語りたくなる素材」であること。第45代アメリカ合衆国大統領は、ニュースな大統領である。

民進党 代表代行|細野豪志



Q1.トランプを支持しますか? しませんか? またその理由は?

米政府との関係性作りにおいては、“ヒラリーさん当選”という結果の方がスムーズだったとは思います(笑)。側近のカート・キャンベル氏など、さまざまな人脈が我々にもありましたから。ただ、現在の大統領はトランプ氏。今はそのことを受け止めて、新たな政府の方々と緊密な関係性を築いていく時期です。また、トランプ大統領はビジネスの場でかなり修羅場をくぐってきた方ですよね。政治経験こそありませんが、“修羅場のくぐり方”を体得しているので、賛否両論あれど、結果を残す大統領にはなると思います。



Q2.アメリカの今後はどうなる?

保護貿易や移民排斥といった流れは、都市部以外に住むアメリカ人たちの本音から生まれてきたものです。この流れは当面変わらないでしょう。これが世界中に広まっていくのか……という面においては、ヨーロッパに注目ですね。今年はドイツも大きな選挙を控えていますが、この“トランプ現象”がそこまで波及するのか、ヨーロッパは踏みとどまるのか。その結果は世界に大きな影響を与えると思います。

アメリカにおいては、大統領選に敗れた民主党が、今後どういう方向に向かうのか、そこも気になるところです。もう一人の大統領候補であったバーニー・サンダース氏のように、トランプ氏とは正反対の路線、社会主義に近いような路線に進むのか、それとも現政権と接点を持ちながら、多様性に寛容であるといった現実的な路線を取るのか。同じ野党として、民主党がどちらで復活するのかには注目ですね。



Q3.自分たちの生活(日本)がどうなると思う?

トランプ政権はTPPの永久離脱を宣言しましたが、「これで日本農業は安泰」というわけでもありません。おそらく日米2国間のFTA(自由貿易協定)を結ぼうという話になるでしょう。そうなると、より難しい要求をされる場面も出てくるでしょう。

米中関係もポイントです。現時点では中国と対峙する姿勢を見せていますが、トランプ大統領はビジネスマン。双方のメリットが成立すれば、対決姿勢を改める可能性は大いにあるでしょう。そのとき、例えば尖閣諸島の問題などといった日本の安全保障はどうあるべきなのか……。そう考えていくと、「自分の国は自分で守る」という原点に返らざるを得ない時代になるのではとも思います。

しかし、私が一番懸念しているのは温暖化対策の問題です。国務長官/エネルギー長官/環境保護庁長官には、軒並み“温暖化対策に否定的”な方たちが任命されました。パリ協定(気候変動抑制に関する国際協定)も脱退するのではと言われています。しかし、毎年全世界で気候による大きな災害が起きているのは間違いありませんから、世界のリーダーであるアメリカこそ、先頭に立って温暖化と向き合うべきです。こうしたことは、日本からもトランプ大統領にきちんと意見していきたいですね。



Q4.もしあなたが総理だったらどう付き合う?

幾度も修羅場を潜り抜けてきたビジネスマンが、世界を代表する国の国益を背負って交渉の場にやってくるのだから、本当に難しい相手だと思います。

私は昨年10月に、トランプ氏の側近で現在の安全保障担当大統領補佐官であるマイケル・フリン氏(※編注:インタビュー後の2月14日に同役職を辞任)とお会いしました。彼は「(トランプ氏は)信頼できる人物。だから安全保障についてアドバイスしているんだ」と言っていましたが、政治や外交の現場は、本当に人間同士の信頼関係が大事なのです。民主党政権時代、私も外交の場面を色々な形で経験しましたが、初対面では語れることが少ない。これはビジネスの場でも政治の場でも同じです。安倍総理のようにゴルフで仲を深めるのが良いかはわかりませんが(笑)、個人的な付き合い、人間関係を深めていった上で、安保や貿易など、日本として譲れない原則をきちんと自分の中に持っておきたいと思います。



Q5.トランプに一言

アメリカは世界のリーダー。そのことを十分に理解してください。



UFO番組ディレクター|矢追純一



Q1.トランプを支持しますか? しませんか? またその理由は?

う~ん、どちらでもないかなぁ。でもみんなと同じように「まさか」とは思いました。むちゃくちゃなことをずっと言ってましたから、それがアメリカ国民の琴線に触れたんですかね。きっと国民は“変革”を望んでいたってことでしょう。今までの延長線上では嫌だってことかも知れません。……トランプだったら、UFOのことも公になるかもしれないですね。



Q2.アメリカの今後はどうなる?

アメリカは国際主義から、国家主義になるということですよね。国際主義は、金持ちが勝つ世界。国家主義は、自国を大切にする考え。そう意味では国家主義のプーチンと気が合いますよ。1番大きく変化するのは“宇宙人がいる”って公表したとき。もしプーチンと手を組んだら、UFOや宇宙人のことを公表することもあり得ます。そうなると、仕事も全部なくなる。宇宙人の方がはるかに優れていると言われているから、むこうのものを輸入するってなると、全て変わるんです。これはアメリカだけの問題じゃなくなりますよ。まぁでも結果的に、良い方向でまとまるんじゃないでしょうかね。煮詰まったアメリカを変えるには、トランプが必要だったんでしょう。まさか宇宙人を立たせるわけにいかないですから(笑)。



Q3.自分たちの生活(日本)がどうなると思う?

我々貧乏人にとっては、大した問題じゃないです。お金持ちの人は困るかもしれないけど、普通の人はそんなに困らないでしょう。日本はUFO問題に関しても是々非々。もし公表しても、困るのはお金持ちだけ。世界が、日本が、っていうよりも、自分自身をちゃんと持っていれば大丈夫ですよ。



Q4.もしあなたが総理だったらどう付き合う?

まず総理になりたくないなぁ。UFOのことも聞かないかなぁ……。トランプは、自分が言ってることも“おかしい”って分かってると思うし。ビジネスマンだから、どんなことも「言ってみたら引っかかる人がいるんじゃないか」って思ってるんですよ、きっと。

Q5.トランプに一言

プーチンと気が合うなら、協同してみたらいいんじゃない。



“安倍総理公認”のモノマネ芸人|ビスケッティ 佐竹正史



Q1.トランプを支持しますか? しませんか? またその理由は?

芸人目線の意見では、支持します。理由は、同じく吉本興業に所属する、レイザーラモンRGさん扮するトランプさんと共演する機会が多いからです(笑)。これからも一緒にお仕事していければと思います。でも、政治的にトランプさんを支持できるかは、正直わからないですね。芸人仲間を含め、いまいち何が起こるかピンときていないというか……。



Q2.アメリカの今後はどうなる?

う~ん……、あんまり想像つきません。こんなに早く支持率が落ち込む大統領を見るのは初だし、大々的に行われていた反トランプデモも衝撃的でした。でも、若い世代が政治に興味を持ついい機会になっているのかも。私は安倍首相のものまねネタで「TPPを成功させます!」なんて言っていたので、行く末が気になりますね(笑)。



Q3.自分たちの生活(日本)がどうなると思う?

トランプ大統領が及ぼす影響ですよね。自分の身に置き換えると、記者会見のときに質問されることが増えるので、そこは少し不安になります(笑)。TPPに関して言えば、スーパーで売られている商品に関税が表記されていたら、影響が分かりやすいですよね。それこそ、消費税と同じように。



Q4.もしあなたが総理だったらどう付き合う?

トランプさんは政治経験が浅いと言われているので、日本が考えていることや、付き合っていくメリットをしっかり伝えたいと思います。オバマ前大統領と安倍首相のように、親密な関係を築けるといいのですが。



Q5.トランプに一言

「髪形を直せ!」と言いたいです(笑)。クセのある性格や、アメリカ・ファーストな主義主張を強調するヘアスタイルに見えるんです。もう少しやわらかい雰囲気になってくれればいいのに……。



パーティクリエイター|アフロマンス



Q1.トランプを支持しますか? しませんか? またその理由は?

日本人は「支持する」って言いにくいですよね(笑)。でもあえて言うなら、支持するかな。支持したくない理由はいくらでも出せるじゃないですか。でも、トランプの言ってることはあながち間違ってないんですよね。ただちょっと過激で、極端(笑)。まぁ人間的におかしいくらいの人じゃないと、世の中変えられないって思いますね。



Q2.アメリカの今後はどうなる?

今すぐじゃないけど、何十年後かにアメリカは分断する方向に進むと思っていて。トランプの言動は、真っ当に考えれば“反対する”ことばかりなのに、支持率はほぼ半々。完全に割れてるってことですよね。今後それぞれの価値観が生まれて、トランプを支持する・支持しないで分かれた時に、“1つの国でいる必要がない”ってなるんじゃないかな。



Q3.自分たちの生活(日本)がどうなると思う?

アメリカが変わったからというよりも、日本がどうするかっていうのを考えるべきだと思います。TPPもメリット・デメリットがある話だから、一概には言えない。物価が高くなれば給料が上がるだろうし、下がれば下がるだろうし。こういうところは、日本の政治コントロールを頑張ってほしいですね(笑)。



Q4.もしあなたが総理だったらどう付き合う?

僕、あぁいう人得意なんです(笑)。突出したクリエイターと仕事をしていると分かるんですが、彼らって人間的におかしい人が多いんです。そういう人たちと意思疎通するのって難しいと思っちゃうんですけど、ちゃんと話せば言ってることも分かる。トランプともそうやって、ちゃんとコミュニケーションをとっていく大切かなって思います。でも、僕はトランプの政策みないに閉鎖的なことは好きじゃなくて。手を取り合って「みんなでハッピー!」ってやりたい人間なので、そこは大きく違いますね。



Q5.トランプに一言

今はアメリカの悪いところを取り除いてる、いわば「治療」というのは分かる。それを取り除いて、アメリカが立ち直ったあと、「その先どうしたい?」って聞きたいかな。



まだ聞いてみたい、まだ語りたい大統領

簡単な質問を5問ほど用意して取材を行ったが、我々としても「まだ聞いてみたい」と思ったし、答えてくれた皆さんも「まだ語り足りない」といった印象を受けた。語りたくなる大統領、ドナルド・トランプ。Z TOKYOもまだまだ聞いてみたくなった。この企画は続く。次回はデヴィ夫人、ぺぇ、鳥肌実、近藤あやの4名に聞く、「トランプ大統領のこと」。

関連リンク
自分の好きなことしかしない。オカマイが語る「自由」と「流れ」
あなたは、トランプ大統領を支持しますか?vol.4  外国人、学生、主婦、ホスト編
あなたは、トランプ大統領を支持しますか?vol.3 元大統領夫人、タレント、モデル編
※上記クリックすると「ZTOKYO」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング