• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   歴代横綱たちの「心に染み入る名言集」

[]一覧 ≫
news image

 若乃花以来の横綱昇進で、歓喜に沸く日本列島。この機会に、これまで角界の頂点に君臨した漢たちの「胸打つ」発言を誌上プレイバック!


「つつしんでお受けいたします。横綱の名に恥じぬよう、精進いたします」 1月25日、日本中が待ちに待った“その瞬間”が訪れた。2017年の初場所で待望の初優勝を成し遂げた大関・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が、第72代横綱に昇進したのだ。


 日本出身力士としては、98年の三代目若乃花以来、19年ぶりの昇進とあって、「三代目若乃花で現在、タレントの花田虎上(まさる)も“初土俵から89場所、本当に長かったことでしょう。30歳での昇進となりますが、ペースは人それぞれです。前に出て攻める、力強い横綱になってほしいと思います”と祝福のコメントを送りました」(スポーツ紙記者)


 昭和以降、大関在位31場所からの昇進は、歴代3位のスロー記録。新入幕から所要73場所は最も遅い。30歳6か月での横綱昇進は、先代師匠である故鳴戸親方(元横綱・隆の里)の30歳9か月に次いで7位の“遅咲き”だった。昇進伝達式の口上は、冒頭のごとく簡潔だったが、「自分の今の気持ちを、そのまま伝えたかった。自分一人で考え、シンプルなものを選んだ」と、口上に込めた思いを無骨な男らしく、訥々と語ったのだ。

続きを読む
関連リンク
大相撲に「稀勢の里時代」到来の予感
稀勢の里、名横綱への条件【二宮清純スポーツコラム】
元旭天鵬(大島親方)「みんなから愛される力士を育てたい」
※上記クリックすると「日刊大衆」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング