• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   「日本人横綱」は、いつになったら現れる!?

[]一覧 ≫
news image

 2016年の九州場所。横綱・鶴竜が14勝1敗で優勝を飾り、今年の大相撲を締めくくった。「思い返せば、今年は日本人大関にとって“大勝負”の連続でしたね。ただ、綱取り挑戦の機会が幾度もあったものの、悲願達成とはなりませんでした。ファン待望の“日本人横綱の誕生”は、いつになることやら……」(スポーツ紙記者)


 それは今年の初場所、大関・琴奨菊が3横綱を破り、日本出身力士として10年ぶりの優勝を決めたところから始まった。しかし、「綱取り場所となった春場所は、上位陣にことごとく敗れて8勝7敗。綱取りは露と消え、その後も調子は戻りませんでした。途中休場もありましたし、九州場所は5勝10敗と惨敗でした」(前同)


 その間、3場所連続で優勝争いに食い込んだ大関・稀勢の里にも、特例で“優勝すれば横綱昇進”というチャンスが舞い込む。「だが、勝負の秋場所では5敗を喫し、綱取りは白紙に。本当にプレッシャーに弱いんですよ。振り出しに戻った九州場所では、三役以上にすべて勝ち、12勝しましたから」(同)

続きを読む
関連リンク
貴闘力「本当は横綱を育てたいし、その自信もある」~立ち直る人間力
元横綱・朝青龍が狙う「モンゴルの田中角栄」一本道
大関・稀勢の里「初優勝と綱取り、そして引退」の覚悟
※上記クリックすると「日刊大衆」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング