• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   松山英樹「ついに世界6位!」大躍進のワケ

[]一覧 ≫
news image

 10月30日のHSBCチャンピオンズ最終日、松山英樹(24)が2位に7打差をつけて通算23アンダー。ぶっちぎりの優勝を決めた。「本大会は4大メジャーに次ぐ格付で、日本人では初の快挙。昨年の同大会では3度の池ポチャなど散々な内容で途中棄権したことを思うと、最高のリベンジです」(スポーツ紙記者)


 昨年末から今年前半には手首や股関節などのケガに泣かされたが、ここへきて絶好調で、世界ランクも自己最高の6位までアップ(11月6日付で7位に転落)。ゴルフ評論家の早瀬利之氏は、復調ぶりをこう見る。


「手首は、もうすっかり良くなっているでしょうね。以前の松山のスイングはダウンブローという、上から振り下ろすようなスタイルでした。これは左手首に大きな負担をかけるため、ケガが絶えなかった。それをアメリカで徹底的に改造したのが功を奏したんです」


 早瀬氏いわく、最近の松山は、あるポイントを徹底的に強化しているという。「とにかく、体づくりに気を遣っていますね。脂肪分の少ない肉を食べて筋肉をしっかりつけると同時に、トレーナーとともに入念に体をケアしています。当たり前のことですが、ケガを防ぐには、この2つをきちんと行い、“いい体”を作るのが一番なんです」

続きを読む
関連リンク
武井壮「亡き兄の言葉」が芸能界入りの理由だった!?
SMAP稲垣吾郎「趣味のゴルフで気づいた」類まれなる“強運”
キムタク「さんまの罠」でハマッた“大人の遊び”
※上記クリックすると「日刊大衆」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング