• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   稀勢の里はもう横綱になれない!? 「横綱の器」度を再検証する!!

[]一覧 ≫
news image

 今年に入ってからは抜群の安定感を見せるも、綱取りがかかった大事な場所の初日にまさかの“土”。おいおい、ホント大丈夫なのかい!?



 大相撲秋場所初日(11日)、満員御礼の両国国技館に悲鳴が轟いた。これまで3場所連続で12勝以上という安定した成績を残し、18年ぶりの日本人横綱誕生がかかっている大関・稀勢の里が、平幕・隠岐の海にあっさり寄り切られ、黒星発進となったからだ。


「昇進の条件は、もちろん自身初の“優勝”。決して簡単なものではありませんが、今場所は横綱・白鵬が休場するという、またとないチャンスだっただけに、相撲ファンの落胆ぶりは相当なものでした」(全国紙記者) これを視察した横綱審議委員会の守屋秀繁委員長も、その不甲斐ない相撲内容に「(綱取りは)もうないね」と、失望感を露わにした。


 しかし、2日目はまるで別人。相手は先場所で黒星を喫している小結・栃煌山だったが、左からの強烈なおっつけで相手の体を半身にさせ、そのまま押し出す“横綱相撲”を見せた。前日に続いて来場した横審の守屋委員長も「こういう相撲を取ってくれれば、(昇進に)希望が持てる」と発言を一転。それだけインパクトのある一番だった。

続きを読む
関連リンク
貴闘力「本当は横綱を育てたいし、その自信もある」~立ち直る人間力
貴乃花親方「部屋移転騒動」の真相を激白!
角界のレジェンド・旭天鵬「涙の断髪式」
※上記クリックすると「日刊大衆」に遷移します。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limited によって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社ニュース・サービス・センターは一切の責任を負いません。

関連ニュース

ショッピング