• weather
    15°C   札幌
  • weather
    30°C   仙台
  • weather
    20°C   秋田
  • weather
    27°C   福島
  • weather
    28°C   東京
  • weather
    22°C   新潟
  • weather
    22°C   金沢
  • weather
    30°C   名古屋
  • weather
    31°C   大阪
  • weather
    25°C   神戸
  • weather
    28°C   広島
  • weather
    27°C   高松
  • weather
    26°C   高知
  • weather
    27°C   福岡
  • weather
    28°C   鹿児島
  • weather
    15°C   札幌

   2016年は騒ぐ年!干支と値動きのカンケイ「相場格言」とは

[]一覧 ≫
news image


干支と相場の関係とは?
今年2016年は申年(さるどし)ですね。実は、この日本の干支によって、その年の値動きを言い表す「相場格言」というものがあるのをご存知でしょうか。例えば、子年(ねずみどし)の格言は「子(ねずみ)繁栄」、丑年(うしどし)の格言は「丑(うし)つまずき」という具合に、干支と相場を結びつけています。昨年2015年の干支は未(ひつじ)。2015年から2016年にかけては、「未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ」と言われています。実際の2015年の日本における相場は、4月には日経平均が2万円を超え、中国の経済不安が原因で起きた8月下旬の株価の乱高下等にも負けず、堅調に回復した1年でした。「未(ひつじ)辛抱」はあながち間違ってはいないかもしれませんね。
申年の相場はどうなるの?
12年前、前回申年であった2004年は、中国の金利利上げの動きや、原油価格の高騰などの影響を受けましたが、最終的に日経平均株価はプラス、堅調に経済が拡大するという結果となりました。一方、今年2016年の年始の相場は、サウジアラビアとイランとの外交関係断絶や中国経済のニュースを受け、大幅下落からスタート。これは「申酉(さるとり)騒ぐ」という、波乱の相場の幕開けでしょうか。

続きを読む
関連リンク
株の値段の決め方
世界同時株安はなぜ起きた?
「お金を貯める方法」あなたにあう方法はどれ?
節約術まとめ!やってはいけない方法もある!?
※上記クリックすると「わたしのマネー術」に遷移します。


 ※この記事の関連ニュースはありません

ショッピング